2017年9月4日月曜日

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、
PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。
ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。
シリアル変換ICはCP2102を採用してるっぽい。
eBox ESP32-Tのクローンかな?

この開発ボードは両面対応で、ESP32-BitってモジュールとESP-32Sというモジュールに対応している。
ESP-32Sは技適を取得して日本でも売られているESP-WROOM-32とピン配置が互換なのでこのボードで使用できる。ただし裏面に実装。

というわけで早速裏面のESP-32SのところにESP-WROOM-32を実装してみた。
GNDパターンが結構熱を吸収してしまうので結構大変だった。フラックスちょっと塗ってなんとかカバー。

この開発ボードにはLEDが2個ついていて、片方は電源LED、片方はIO2に繋がってた。
microUSBから電源も取れるのですごく便利になったぞ。
Arduino IDEから書き込みするときはIDEの方から書き込みボタンを押すと自動的に書込みモードになるようになっているみたいなので便利。(一部開発ボードは自動書込みのためにコンデンサを追加したりしないとできなかったりするみたい)

2017年9月3日日曜日

Creative AE-5で汎用品のLEDテープを使ってみた

友人がCreative AE-5を買ったというので見に行ったら、意外と付属のLEDテープ1本だと心もとなそう…
だからといって見に行った当時はSound BlasterX AE-5 ライティング キットがまだ発売日未定だった。

なければ自作しようということでAE-5で使えそうなLEDの調査をしてみたところ、説明書にはもうLEDテープ用コネクタのピンアサインが乗っていた。
LEDテープ用コネクタはJSTのXHコネクタ(4ピン)を使用していた。
ピンアサインは下記のようになっているっぽい。
1 - Ground
2 - Clock
3 - Data
4 - 5V

もうここまで来るとシリアルLEDチップを使ったLEDテープに候補が絞られるし、純正のLEDテープは3本しか線がつながっていないのでほぼWS2812Bと断定できそう。LEDを覗き込むと黒い点がはいっているのでWS2812Bと断定してWS2812BのLEDテープを買ってみた。

AE-5 ライティングキットのLEDテープは1m/30個のLEDテープっぽんだけど今回は1m/60個のLEDテープにしてみた。
AE-5の仕様上は100個までっぽいので1m品を2本用意。eBayで850円ぐらいだった。

そしてWS2812BのLEDテープだと端子がJSTのSMコネクタ(3pin)がよく使われてるみたいなので、AE-5からLEDテープ接続用のケーブルを作ってみた。

WS2812Bは通信用にAE-5のClockピンしか使わないのでClockピンがWS2812BのDINにつながるように配線。DataピンがあるのはWS2822Sとかにアップグレードできるようにかな?

1mが2本だと120個になってしまうので、AE-5が扱える100個ぴったりになるように25個ずつにしてみた。

シリアルLEDチップのLEDテープは方向性があるので注意。DINがサウンドカード側、DOUTが次のLEDテープになるように配線。SMコネクタのセットもeBayで一緒に購入しておいた。オスメス5個セット、ケーブル付きで120円ぐらい。


LEDテープをケースに貼って、AE-5のLEDポートにXHコネクタを差し込めば完成。


設定でLEDを100個にすると全部点灯した。純正LEDテープだと1本あたり10個なので、10の倍数じゃないと設定できない模様。
やはり一粒ずつ制御できるLEDだといろんなパターンがつかて面白いなぁ
とりあえず動画もとってみた。
とりあえず1000円ぐらいでこんなに光らせることができた!
LEDの間隔が純正の半分なのでその分LED多い!明るい!

2017年9月1日金曜日

Raspberry Piの常時稼働用にSanDiskの産業用microSDを買ってみた。

Raspberry Pi用のmicroSDを探していたらSanDiskの産業用microSDがそんなに値段が変わらなかったので買ってみた。

とりあえずあんまり容量いらないので8GBを選択。
SDSDQAF-008G-Iってやつ。
ケースにはいってるだけのバルク品だった。さすが産業用。

MLCチップ採用ってのと、高耐久って書いてあったので…
まぁRaspbianの方も一時ファイルやログをRAM Diskにするともっと持つんだろうけど。


とりあえず読書速度をテストしてみたところまあまあの結果に。
ちなみにリーダライタはMobileLite G4を使用した。
通常のこの価格帯のmicroSDと遜色ない読み書き性能っぽい。
結局耐久性は使ってみないとわからないけども、とりあえず常時稼働用のRaspberry Pi 3Bに使ってみようかな。

2017年8月19日土曜日

Nintendo Switchのドックを延長してみる

スイッチを買ってからほぼドックモードでプレイしているんだけど、ドックごと画面の後ろにおいてしまうと持ち出すとき不便だし、外に置く場所がないしということで
ドックをUSB Type-C延長ケーブルで延長してみた。


延長ケーブル自体はeBayで500円ぐらい。L字タイプの1m品。
USB Type-Cは向き関係ないのでL字タイプだと左右どちらにでも出せる。

あとは単純にこれをドックに指すんだけど、どうも抜けそうで怖い…
ということでドア用のクッションテープを張ってみた。

これなら抜けない。

問題の動作だけど、1m延長したぐらいでは特に問題なさそう。
画面も正常に出るし、ドックに繋いでるUSB3.0のLANアダプタ経由でインターネット対戦もできてる。

ドックで挟まれてない分、すのこタンとか使えば冷却性能も上がるかな?

そういえば海外ではもうすでに3000円ぐらいで買えるようなドック互換ケーブルも出てきてるみたい。ちなみに普通のType-C→HDMIケーブルとかでは画面が表示されない模様。

2017年8月14日月曜日

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。
そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。
前回PoEのインジェクタ作ったときと同じものを購入。
前回は青しか売ってなかったんだけど、今回は白しか売ってなかった。
ダイソーとかたまーに仕様が変わるので横から覗いてちゃんとピンが8本出ていることを確認したw
一応パッケージにはギガビットとは書いてないのでコスト削減で4本に減らされていたら大変だし。

このアダプタは接着剤などは使われていないので割れば簡単に開けることができる。

内側から爪のところにマイナスドライバーを突っ込んで片方の端子を外す。

ピンを真っ直ぐにするとピンを抜くことができる。

とりあえずピンを全部抜く。

クロス配線にして戻す。効果が有るかわからないけどついでにより線にしてみた。

あとは元通りに戻すだけ。
見分けがつかないので一応ハウジングにマジックで書いて完了。

クロス変換アダプタと言ってもストレートケーブルが1本必要なんだけど、それもダイソーで購入できるので合計で216円でクロス変換アダプタを作ることができた!
クロスケーブルの罠にハマっていた友人が居たのでプレゼントしました。


結線間違えると機器が壊れる可能性があるのでこれをやるときは慎重に。自己責任でどうぞ。

2017年8月12日土曜日

Nintendo Switch Proコントローラーを買ってみた

昨日友人とサーモンランをプレイしていて、プロコン勢がかなりおすすめしてきたので買ってみた。
といってもプロコンも品薄なので手に入るかなぁと思っていたら別の友人から電話が!
Nintendo Switch Proコントローラー スプラトゥーン2エディションがあったということだったので確保していただきました。
本体といい、プロコンといい、自分で確保できていないというorz
普段から店頭で購入している友人たちは強い。

付属品はUSB Type Cケーブルのみ。Type Cは裏表関係なく挿してもいいから便利だなぁ。

グリップにJoyconを装着した状態と比べるとこんな感じ。やはりスティックの多きさ重要かも?

Joyconを充電するたびにつけたり外したりする必要がなくなっただけでも便利かもしれない。

変換アダプタのCooV N100もちょっと興味あったけどプロコン買えてしまったので当分はこっちでいいかな。

2017年8月11日金曜日

ニンテンドースイッチを買ってみた

友人と集まったときにスプラトゥーン2を試しにプレイさせてもらってからずっとスイッチを探したんだけど、ついに友人が代理で購入してくれてた!
しかもスプラトゥーン2セット版。
価格的には本体+スプラトゥーン2を買うのと同じ値段なんだけど、シールが付属してくるのとコントローラの色が緑とピンク。


スイッチはHDMIケーブルも付属してるのでとりあえず適当なPCモニタに繋いでプレイしてみた。
ついでにUSBのLANアダプタにより有線LAN接続ができるのでとりあえずLAN-GTJU3を繋いでおいた
任天堂ライセンス品のLANアダプタより細いのでこんな感じでDockの隙間にピッタリ入る。
ちなみに有線LANアダプタはASIXのチップを搭載しているものならほとんど使えるみたい。Realtekのやつは繋いでみてもだめだった。

ジャイロセンサーの操作にまだなれない…
あとProコン買ったほうが良いのかなぁ

そういえばeBayを見ていたら酷威COOV N100っていう、ニンテンドースイッチでXbox 360, Xbox One, PS3, PS4のコントローラを使えるようにするアダプタが1000円以下で売っていた。Brookのコンバータより断然安い。
ファームウェア更新にも対応してて、最近はPS4のジャイロセンサにも対応したみたい。
PS4のコントローラは持ってないのでどっちみちジャイロを使うんだったらProコンを買わないといけないけど…
HORIのコントローラを買うんだったらこっち買ってXboxのコントローラ使ったほうがよいかな。遅延とかはわからないけど。

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...