2010年3月19日金曜日

SH006の卓上ホルダ買ってきた

SH006の卓上ホルダはSH003と共通らしい
まぁ形同じだし電池ブタに互換性あるしw
しかしでかいな…

2010年3月15日月曜日

SH006に機種変した

W54Tを使い始めて2年以上たっていたのでフルサポートコースの料金がもったいないのでこのまえ機種変してきた

SH006である

発売日の次の日に行ったらほしかったグリーンがなくなっていたので予約して2日後にはきたっぽい
結局取りに行くのはその2日後だったけどw

これでCCD12.1メガピクセルとかWi-Fiとか入ってるんです

サイズはSH003とほぼいっしょ
卓上スタンドは共通であるw

しばらく使ってみて、バッテリーが持たないことが気になった…
Wi-Fiばっかり使ってるからなのかなぁ?
そりゃなくなるか…

タッチパネルも進化してた
昔はほぼフリックだけで済ませてたのに対して
最近のはピンチとかもできるようだw

初めて東芝意外の携帯を買ったなぁ

そしてMicroSDHC対応機種はたくさんデータ入れられて便利だなぁ
とりあえずMicroSDHC 8GBを入れておいたw

2010年3月10日水曜日

RADEON HD 5870買った!

というわけで昨日秋葉原に行って買ってきましたよ!

そして初RADEON
ずっとGeForceだったのにね
(4MX→68→66GT→66GT二枚→86GT→88GT(G92)→HD5870)

XFXのHD-5870-ZNF9っていうモデル。リテールクーラーです。箱でかいなぁ
価格は39800円
高い!
しかしGeForce 6800の時は5万円だったことを考えると時代はすごく進歩したのか
今まで使ってたGeForce 8800GTとサイズ比較

なげぇ!
88GTが短く見えるぞこれw

端子類
トリプルディスプレイまでできるらしいです。HDMIはHDMIビットストリームHD音声出力に対応してるのです!

ケースに内蔵すると…
NINEHUNDREDで結構ギリギリかな?電源端子がこの向きについてなかったら結構無理かも?
グラボの隣にHDDがつめなくなります。というか本当はファンを固定するプラスティックのパーツがついてるんだけど
それを外さないと取付できなかった

X-Fi Titaniumは短いのでファンとはかぶらない位置にあるのでそこらへんは大丈夫。


でもP35だからPCIE2.0に対応してないのよねぇ…
ここら辺ボトルネックになってそうだわ…

というわけで3DMARKを動かしてみた
左が標準状態、右がCPUだけオーバークロックした状態

CPUがボトルネックになってやがる!
バススピードも遅いからか?
CPUだけOCしてるのにグラフィックのスコアがすごく上がっている…

HD5870のクーラー静かだなぁ
起動時に高回転でまわってるみたいだけど耳を近づけないとわからないレベル
リアから排気されるのもいいな

今度はCPUとか交換しないといけないのか…

2010年3月8日月曜日

PLAYSTATION EyeをPCで使ってみた。

トイザらスでPLAYSTATION Eye (CEJH-15001) が安値で売ってると聞いて近くのトイザらスに行ってみた
2990円だった。定価5000円ぐらいなのに安いなぁ
ちなみにヨドバシでは4500円だった
ヤフオクとかTHE EYE OF JUDGMENTの中古とか狙ってたんだけど結局トイザらスにはかなわなかった!

本当はPS3専用なんだけどドライバを入れることによりPCで使えるので今回はPC用に購入。
ものは意外と小さめ
しかしこいつは4chアレイマイク(ノイズキャンセリング機能付き)とVGAで75FPSとかQVGAで125FPSとかいう化けもんである
まぁUVCじゃないのが残念なところ。
ドライバはAlexPさんのCL-Eye Platform Driverを使った
インストーラーになっているので簡単にインストールできる。インストーラーを実行する前にカメラをPCに接続しておくこと。
現在最新のドライバではノーマルモードとアドバンスモードがあるようで
ノーマルモードでは30FPSに制限されてる模様。アドバンスモードにすると75FPSまで使用可能になる。
これはアプリケーションによって30FPS以上のカメラを認識できないことがあるからかな?
デフォでノーマルモードになっているので75FPSまで使用したいアプリケーションは個別にアドバンスモードに設定する必要がある。

アドバンスモードでカメラを使いたい場合はまず

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<cleye>
    <item name="mode" value="advanced" />
</cleye>

この4行をコピーしてメモ帳などでcleye.configとして保存して
アドバンスモードでPS Eyeを使いたいアプリの実行ファイルがあるところに一緒に入れておく。
たとえばCL-EyeTest.exeが入ってるフォルダにそのファイルを入れておくとCL-EyeTest.exeで75FPSが選択できるようになる

というわけでDebutの実行フォルダにもcleye.configを入れてみた。
Debutは75FPSに対応してるようだった
あとFlashでカメラを使ったサイトとかあるけどFlashでカメラを使う場合はブラウザの実行ファイルが置いてあるところに入れるとちゃんとアドバンスモードで動くみたいだ。

ためしにDebutでキャプチャしてみるととってもなめらか!
Qcam Pro 4000とは比べ物にならない…
というかFPSが10倍出てますよ!
まぁUSB1.1と2.0を比べてはいけないか

あと30FPSでとる場合はずっと30FPSをキープできるようだ。
ELECOMのUSB2.0対応のUVCカメラでは激しく動かすと半分まで落ちていたのにこいつはびくりともしない
30FPSでも十分なめらか

画質はそこそこ。3000円なら高画質なほうだと思う。あと高FPSになると明るさが重要かもしれない。
30FPSで普通に使う分には画質はそこそこいいけど75FPSにするとノイジーな画質になってしまう。
ハイスピードカメラでもかなり光を当てているようにこいつもアドバンスドモードで使う場合は太陽光じゃないと厳しいかもしれない
まぁふつうにビデオチャットとかで30FPSぐらいで使う分には悪くない画質。
暗闇ではやっぱりCCDを搭載したQcam Pro 4000は強いw


ちなみにMacとかLinuxとかでも使えるみたいだ
ためしにG4につないでみたけど動かないと思ったらあいつはUSB1.1だった…

これでWindows 7に移行しても使えないデバイスはなくなったな
そして初期化が速い。Qcam Pro 4000より断然はやいw
キャプチャソフト起動した瞬間にカメラの映像が出る感じ。Qcam 4000 Proだとカメラ開くと一瞬アプリが固まるしなぁ


しかし75FPSや125FPSはUSBの帯域を使うらしいので注意!
最近のマザーだとUSB2.0が二つに分かれてるみたいだから片方をカメラでもう片方をUSBストレージとかにするといいのかも
といってもカメラとUSBメモリを同時に使わなければいいんだけどね
発熱はQcam Pro 4000ぐらいかなぁ
やっぱりカメラって暖かくなるもんなのか

リングがついてるけどこれはフォーカスじゃなくてワイド切替のようだ
フォーカスは固定。でもこのリングを途中でホールドするとマクロにできる
でもこのリングは途中で止まらないようにバネみたいなのが入ってるのでマクロ撮影するときはテープとかで止めればいいかも?



チルトは固くて気が付かなかった…コメントくれた人ありがとう。パンはいくらでも回ります。
これってテレビの上に置くこと想定してるのかな?PCモニタの上に置けないよ!
と思ったらケーブル太いから意外と何とかなる

あとマイクはUSBオーディオデバイスとして認識される
しかもステレオマイクだw
流石4chアレイマイク。しかもノイズキャンセリング機能付きで複数指向性タイプらしい。
道理でクリアなわけだわ

しかし感度がよすぎて部屋の音全部拾っちまうw
テレビ会議に最適なマイクです


いやーこのカメラ面白い

2990円でこの性能はすげぇ

Related Post