2016年3月16日水曜日

EZCast A2WのHDMI CECを無効にしてみた。

EZCastはマルチプラットフォーム対応だし、簡単に使えていいんですが、どうもHDMI機器連動の邪魔をするっぽいので対策してみた。

ブラビアにレコーダーを繋いでブラビアリンクが有効な状態でEZCastを追加すると、どうもTVがレコーダーを認識しなくなるっぽい…
電源をつけてる時に途中からEZCastを刺しても問題ないんだけども一旦電源を切ったりするとレコーダーを見失う。

更にEZCastのほうでEZChannelなんか設定してるとテレビが自動でついたりしてビックリする。ということでこれらの機能を無効にすることに。

HDMIにはCECと言ってテレビと連動できるような機能がついてて、TVのリモコンからHDMIにつながった機器に信号を送ったりとかできるようになってる。
CECはHDMIの映像や音声信号とは別に、13ピンを使用して通信しているので単純にHDMI端子の13番のピンを繋がなければCECは作動しないはず。

ということで早速分解。

EZCast A2Wのハウジングは爪だけで止まっているので、MicroUSB端子辺りに爪を突っ込んで開けば簡単に開けることができる。

そんでもってHDMI端子の13ピンにつながっているパターンをテスターで探ってみた。

すると裏側のR45の抵抗(画像の右上あたり)が0Ω抵抗で、こいつを介してメインのICの方につながってる模様。
ということでこの0Ω抵抗を外せばHDMI端子の13番ピンとの接続をカットできるはず。

結構小さい抵抗なのでハンダで外す場合は他のを外さないように注意が必要かも。
これでカバーをして起動してみるとBRAVIA LINKが切れない!
これでEZCastをテレビにつけっぱなしにできるな。

しかしHDMI CECってたまにこんな問題が起きるんだけど、どうにかならないもんかねぇ
メーカーによって呼び方は違うけどもHDMIのリンク機能で問題がある場合はこの方法で治るかも?

 

2016年3月1日火曜日

Anker PowerPort 2を買ってみた。

たまたまAmazonのタイムセールで見かけたUSB充電器が良さそうなのでポチってみた。

AnkerのPowerPort 2ってやつ。
この手のUSB充電器は電流がでかけりゃいいと思っていたんだけど、この充電器はVoltageBoostと呼ばれる電圧調整機能も付いてるらしい。さらに、接続された機器を自動的に検知して最適な電流を送るIQ Powerという機能にも対応しているっぽい。

充電高速化技術ではQualcommのQuickChargeしか知らなかったのでiPhone、iPadユーザーにはこの手の充電器は関係ないと思っていたんだけど、こんなインテリジェントな充電器が出ているとは…

最近iPad mini 2にSIMを刺したことにより出番も増えて同時に充電することが多くなっていたのでiPhoneとiPadを同時に充電できるようにという意味も込めて2ポートで24Wなモデルをチョイス。


なかなかおしゃれな箱

充電器自体は意外と小さめ

内容物はこんな感じ。
今回は黒にしてみた。

どちらのポートもIQ Powerに対応してる。
上部のLEDで充電状況が把握できる。
充電完了は青で充電中は緑に光るようになってるっぽい。


iPhoneとiPadの充電器と比較
2つ同時に充電できるとすれば結構コンパクトかな

iPhone 5Sのバッテリー残量が40%ぐらいだったので純正充電器と比較してみた。
まずは純正充電器

電圧もそこそこ出てるし、結構頑張ってるんじゃないだろうか。
やすい充電器とかだと4.8Vぐらいまで下がったりするし…

次はPowerPort 2

電圧が0.3Vぐらい上がってる!
VoltageBoostが聞いてる模様。充電電流もちょっとだけ高め。

iPad mini 2は最近充電したばっかりなので今度試してみようかな。

Related Post

DuinoFun UHS miniを買ってみた

Arduino用のUSB Host ShieldのArduino Pro mini版のクローンを買ってみた。 Circuits@Homeの USB host mini  r1.0のコピーっぽい?MAX3241Eは3.3V駆動なので、レベル変換がついてないUSB host ...