2017年8月14日月曜日

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。
そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。
前回PoEのインジェクタ作ったときと同じものを購入。
前回は青しか売ってなかったんだけど、今回は白しか売ってなかった。
ダイソーとかたまーに仕様が変わるので横から覗いてちゃんとピンが8本出ていることを確認したw
一応パッケージにはギガビットとは書いてないのでコスト削減で4本に減らされていたら大変だし。

このアダプタは接着剤などは使われていないので割れば簡単に開けることができる。

内側から爪のところにマイナスドライバーを突っ込んで片方の端子を外す。

ピンを真っ直ぐにするとピンを抜くことができる。

とりあえずピンを全部抜く。

クロス配線にして戻す。効果が有るかわからないけどついでにより線にしてみた。

あとは元通りに戻すだけ。
見分けがつかないので一応ハウジングにマジックで書いて完了。

クロス変換アダプタと言ってもストレートケーブルが1本必要なんだけど、それもダイソーで購入できるので合計で216円でクロス変換アダプタを作ることができた!
クロスケーブルの罠にハマっていた友人が居たのでプレゼントしました。


結線間違えると機器が壊れる可能性があるのでこれをやるときは慎重に。自己責任でどうぞ。

2017年8月12日土曜日

Nintendo Switch Proコントローラーを買ってみた

昨日友人とサーモンランをプレイしていて、プロコン勢がかなりおすすめしてきたので買ってみた。
といってもプロコンも品薄なので手に入るかなぁと思っていたら別の友人から電話が!
Nintendo Switch Proコントローラー スプラトゥーン2エディションがあったということだったので確保していただきました。
本体といい、プロコンといい、自分で確保できていないというorz
普段から店頭で購入している友人たちは強い。

付属品はUSB Type Cケーブルのみ。Type Cは裏表関係なく挿してもいいから便利だなぁ。

グリップにJoyconを装着した状態と比べるとこんな感じ。やはりスティックの多きさ重要かも?

Joyconを充電するたびにつけたり外したりする必要がなくなっただけでも便利かもしれない。

変換アダプタのCooV N100もちょっと興味あったけどプロコン買えてしまったので当分はこっちでいいかな。

2017年8月11日金曜日

ニンテンドースイッチを買ってみた

友人と集まったときにスプラトゥーン2を試しにプレイさせてもらってからずっとスイッチを探したんだけど、ついに友人が代理で購入してくれてた!
しかもスプラトゥーン2セット版。
価格的には本体+スプラトゥーン2を買うのと同じ値段なんだけど、シールが付属してくるのとコントローラの色が緑とピンク。


スイッチはHDMIケーブルも付属してるのでとりあえず適当なPCモニタに繋いでプレイしてみた。
ついでにUSBのLANアダプタにより有線LAN接続ができるのでとりあえずLAN-GTJU3を繋いでおいた
任天堂ライセンス品のLANアダプタより細いのでこんな感じでDockの隙間にピッタリ入る。
ちなみに有線LANアダプタはASIXのチップを搭載しているものならほとんど使えるみたい。Realtekのやつは繋いでみてもだめだった。

ジャイロセンサーの操作にまだなれない…
あとProコン買ったほうが良いのかなぁ

そういえばeBayを見ていたら酷威COOV N100っていう、ニンテンドースイッチでXbox 360, Xbox One, PS3, PS4のコントローラを使えるようにするアダプタが1000円以下で売っていた。Brookのコンバータより断然安い。
ファームウェア更新にも対応してて、最近はPS4のジャイロセンサにも対応したみたい。
PS4のコントローラは持ってないのでどっちみちジャイロを使うんだったらProコンを買わないといけないけど…
HORIのコントローラを買うんだったらこっち買ってXboxのコントローラ使ったほうがよいかな。遅延とかはわからないけど。

2017年8月5日土曜日

CSR8635でスピーカーをBluetooth化してみる

前に友人がアンプ内蔵スピーカーを作ったときにアンプ系で手伝ったんだけど、それをCSR8635でBluetooth化してみることに。
友人は主にiPhone使用なのでAptX対応のCSR8645である必要はなかった。
CSR8635のほうがちょっと安いし。

こちらがCSR8635のモジュール。400円ぐらい。

とりあえず前回作ったCSR-SPI互換プログラマに接続して設定。

CSR8635はデフォルトでAAC有効になってるし。AAC有効になってる状態でもCSR8645みたいに頭切れとか発生しないぞ…
ちなみにiOS10.3.3でテストしました。
とりあえずBluetoothデバイス名をCSR8635から適当な名前に変更した。

今回はスピーカーにマイクを内蔵する予定はないのでHSPはオフにした。
CSRのチップだとiPhoneでヘッドセットのバッテリ容量まで見れるんだけど、常に3.3V供給してるとバッテリ残量半分ぐらいで表示される。今回はバッテリ駆動ではないのでバッテリインジケータのチェックを外した。

スピーカ本体の方は12V駆動のD級アンプが内蔵されてるだけなので、そのままポン付けできるように12V→3.3Vのレギュレータを搭載しておいた。
このBluetoothモジュールは差動出力なので、差動増幅回路を入れておいた。今回は電源電圧が12VだったのでオペアンプはNE5532を使用。仮想GNDは抵抗分圧で実装してある。

とりあえず手元にあったYDA138で問題なく動いたのであとは友人に渡してスピーカーに内蔵してもらうだけ。
ちなみにCSR8635もマルチポイントに対応してるので2つのデバイスを接続した状態にできた。まぁ音は先に再生したデバイスのが再生されるんだけど。

2017年7月29日土曜日

Raspberry Pi Zeroで防犯カメラを作ってみた。ハード編

ここのところRaspberry Pi Zero関連で色々準備していたんだけど、実は友人から頼まれた防犯カメラを作るためだったのでした。


一応カメラモジュールがどのぐらい使えるのかの確認

Raspberry Pi Zeroが品切れ中だったので先にLANアダプタが届いてしまった感じ。

ようやく在庫入荷した

Raspbery Pi Zeroが手に入ったのでケーブルのテスト

防犯カメラハウジングは防水なので出るケーブルは少ないほうが良かったので

とう言う感じでだいぶ準備に時間がかかってしまったんだけど、ついに防犯カメラハウジングに組み込んでみた。
ケースには通常の防犯カメラ用のハウジングを使用した。eBayで12ドルぐらいで売っていた。
ダミーカメラだと結構しょぼかったのと、防水はちゃんとしたかったので。

一応このハウジングはアルミ製で、カメラ部はガラスになってた。

ケーブルはLANケーブル1本のみを出す感じに。
ケーブルの太さでこのLANケーブルに決めた。防水ブッシングはケーブルの太さ重要そう。
おもむろにLANケーブルをぶった切る。

ハウジングに付属のブッシングを通してネジ止めするだけ。
シャワーで水かけてみたけど問題なさそう。

Raspberry Pi Zeroの固定は専用マウンタをアルミ削り出しで作成。
ハウジングの溝を使用して固定。
あと上からねじ閉めれば動かない用になってる。

USB LAN変換アダプタにつなぐケーブルは干渉しないようにmicroUSBコネクタを買ってきてケーブルを自作。

Raspberry Pi Zero側にはLANアダプタ側から5Vを供給するように、DC DCコンバータの出力をUSBの5Vのところに接続。

RasPi Zero以外を熱収縮チューブで絶縁して、とりあえず本体側は完成。

Raspberry Pi CameraはIR LEDモジュールにマウント。IRフィルタついてるので意味ないんだけど、安いので自前でカメラマウンタ作るより良い。
一応カプトンテープでLEDの足に当たるところは絶縁しておいた。

あとは本体側に固定してハードは完成!
ガラスにはくもり止塗っておいた。

カバーを止めて完成!
なんかすごくそれっぽい感じが出てる。
IR LED有効にするにはIRフィルターを外さないといけないんだけど、昼間変な色になるので見送り。
eBay見てたらIRフィルターをソレノイドでオンオフできる機構も売ってたなぁ。

とりあえずハードは完成。部品代で5kぐらいかかった。

ハードできたし、次はソフトですな。



2017年7月20日木曜日

Raspberry Pi Zero Wを買ってみた

ようやく技適が取れて、日本でも発売になったRaspberry Pi Zero W。
スイッチサイエンスで発売開始から1時間53分格闘したところなんとか購入できた!
というわけで今日届きました。
スイッチサイエンスだとメール便で送ってくれるので送料が安くて良い。
送料と本体で1,446円だった。
結構な人気だったようで鯖が重くて購入大変だった…

サイズはRaspberry Pi Zeroと同じ。かなり小さい。
BluetoothとWiFiが統合されたICが乗ってる。
どうやらパターンのWiFiのアンテナも工夫されてるみたい。

Raspberry Pi Zero(上)とRaspberr Pi Zero W(下)の比較。
端子の位置は同じなんだけどCPUの位置は結構変わってる。

とりあえずOSはRaspberian Liteをインストールしてみた。
前回同様sshっていう空ファイルをbootディレクトリに入れて起動してみる。
この前作った自前PoE対応のLANアダプタを使ってみた。

これでうまく起動してssh使えたんだけど、更にbootディレクトリにコンフィグファイルを入れるだけでWiFiも設定できてしまうらしい。

やり方は結構簡単で、sshと同じくbootフォルダ(PCにマウントするとbootとして認識されるドライブ)にwpa_supplicant.confというファイルを作る。

中身は

network={
    ssid="SSID"
    psk="password"
    key_mgmt=WPA-PSK
}

(SSIDとpasswordには繋ぎたいAPのものに置き換えること

これでRaspberry Pi Zero WにmicroSDを指し直して起動するとそのAPに自動的につながるはず。

pskのところにWiFiのパスワードがそのまま入っているのが嫌な人はsshでログオンしてから
wpa_passphrase "SSID" "password"(SSIDとpasswordには繋ぎたいAPのものに

このコマンドでpskをパスフレーズに変換できるので、先程のwpa_supplicant.confの中身を書き換えておくといいかも。パスフレーズの場合は""で囲わないので注意(囲ってしまうとつながらない)

やはりRaspberry Pi Zeroはネットワークに繋いで使いたいものなので、有線LANやUSB WiFiアダプタにUSBポートが取られないのは便利だなぁ。
さらにUSB WiFiアダプタ買うのと変わらないコストアップだしね。


2017年7月13日木曜日

Fire TV Stick (New モデル)でUSBデバイスを使ってみた

昨日届いた新型のFire TV Stickなんだけど、USBホスト機能がついてるようでOTGケーブルを使うとUSBデバイスが使える模様。
というわけで早速試してみた。

何かに使えるかなと思って買っておいた給電対応OTGケーブルが役に立つ時が来た。
eBayで1ドルぐらいだった。

Fire TV Stick 2本体にも給電しないといけないので、充電対応のOTGケーブルでないとFire TV Stickの電源がはいらない。


こちら側をACアダプタとFire TV Stick 2のmicroUSBポートの間に噛ませるだけ。


反対側にUSBデバイスをつなぐと使える!はず。


実際つなぐとこんな感じ。

使えるUSBデバイスはFire TV Stick 2のOSに依存するので、どれだけドライバモジュールが組み込まれてるかによるかも。

ためしにLANアダプタを繋いでみた。

試したのはLogitekのLAN-GTJU3。ASIXのICを使ってる、USB3.0→GigabitLANアダプタ
Fire TV Stick 2はUSB3.0対応してないのでオーバースペックだけど問題なく認識した。
Android対応のLANアダプタとかだったら結構認識するかもしれない?


LANケーブルをつなぐとメニューのネットワーク設定のところも無線LANがオフになって、有線で接続済みという表示に変わる。
Fire TVのほうで有線LANに対応してるからOSも対応してるのかな?
問題なくネットに繋がるので、無線LANが届きにくかったりする場合は有効かも?

この他にもUSBメモリ、マウス、キーボードを試してみたけどどれもうまく動いた。
USBメモリの場合はESファイルマネージャーを使うとUSBの中にいれたAndroidアプリのAPKもインストールできるので、Fire TV Stickに対応してないアプリでも動くものは動かせるかも?

とりあえずKodiのARMV7A版をインストールしておいた。アプリによってはマウスがないと操作できないかも。
いやーKodiもサクサク動くなぁ

2017年7月12日水曜日

Fire TV Stick (New モデル)を買ってみた

プライムデーでFire TV StickのNewモデルが1500円引きだったので買ってみた。

Newモデルは2世代目で、CPU性能がだいぶ上がってるみたいでサクサクらしい
CPUはクアッドコア1.3GHz、メモリ1GBらしい。
Fire TV Stick 2とか呼ばれてるけどこっちのほうがわかりやすくて良いかも…


パッケージは物が隙間なく入るデザイン。


付属品はこんな感じ。個人的にHDMI延長ケーブルはありがたいと思う。


リモコンは音声認識対応版。


サウンドバーに取り付けるのでHDMI延長ケーブルを使用してみた。
HDMIポートの他には、microUSBポートしかない。


サウンドバーに取り付け。HDMI延長ケーブルもちょうどいい長さ。


ACアダプタはChromecastのに比べるとちょっと厚め。5V1Aのようだ。


購入したAmazonアカウントが予め登録されてるので、画面に従ってWiFi接続すればすぐに使用可能!
いままでOrangePi PCにAndroidを入れてTVに繋いでいたけど、こっちのほうがOSが最適化されているのか、すごくサクサク動く。
OSはAndroidベースみたいなのでいろいろ遊べそうだなぁ

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...