2017年7月2日日曜日

Magsafe2対応互換充電器を作ってみる

知り合いがMacBook Airの充電器が根本から断線してしまったということで充電器を探してるようなんだけど、純正は高いし非純正はレビューを見ると危なそう。
ということで適当なACアダプタからMagsafe2に変換するケーブルを作ってみた。

MagsafeはMac本体に充電器の情報をお知らせしてちゃんと正しい充電器かどうかを判別してるようなのでその情報を流せるようなICも搭載されてる必要があるっぽい。
おなじ端子で45W,65W,85Wがあって、そのICの情報から充電できるかどうかを判別して、もし電力が足りないACアダプタが接続されると充電できない仕様らしい。

いきなりMagsafe2のケーブルを入手するところから躓くかと思ったら、意外とeBayにICチップ内蔵のケーブルが出ていた…
しかも85W対応らしい。というのも85Wだと45W,65Wの機種でもつかえるみたいだし。
電圧も違うっぽいんだけど公式で対応してるらしい。(45Wは14.5Vで65Wは16.5Vなのに45Wの機種に65Wは使えるみたい)

このMagsafe2のケーブル、互換品だけど5ドルぐらいなので超安い。

端子のLEDの穴径が少し小さい。あと光り方が雑。(LED拡散樹脂的なのが裏側にしかついてない)

ケーブルは入手できたので次はACアダプタ本体のほう。
ハードオフで14.5V探したけど全くない。15Vもなかった…
仕方がなく16Vの安いやつを買ってみた。(まぁ65WのACアダプタは16.5Vだし

このACアダプタ、ケーブルカットして別なケーブルがつけてあったので更にお安い324円だった。

ハードオフでこんな改造されたジャンク品も扱ってるのね…

まぁあとはさっきのケーブルとつなぐだけ。
Magsafe2の外側がグラウンドになるように配線。

一応端子をつけて分割できるようにしてみた。


ACアダプタ的に65Wまで言ってないけど85Wって認識するので問題なくMacBook Proも充電モードに入る。

とりあえずあとはMacBook Airで試してみるだけかなぁ。
シガーソケット用の充電器とかでもこのケーブルさえアレばMagsafe2なMacを充電できるかも?
純正じゃないACアダプタを使う場合は自己責任でどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...